60代女性:変形性膝関節症

来院動機

前日、朝ベットから起きようとした際に膝に激痛が走り、起き上がることができなかった。以前から歩行時、起立時に膝内側に痛みがあり、水がたまりやすい状態であった。膝内側に熱感が強くあり、腫れぼったい感覚がある。これまではごまかしごまかし生活していたが、立つことも激痛でできなくなってきた為、不安になり、近所であった為来院した。

問診内容

痛みのきっかけ

朝、起床時にバランスを崩し、足を前方に出した時、体重が膝にかかり膝内側に強い痛みが出た。歩くと激痛があり、座っているのも辛い状態であった。また、庇って歩くためか、逆の膝にも違和感を感じるようになった。

身体所見・治療経過

初回施術

急性症状であるため、右膝の炎症反応が強く、熱感、膝蓋跳動が確認できた。歩行は可能であるが、痛みが出るため、左足に重心をかけ、右足を引き摺るように歩行している。負担が強くかかるため、左下腿に引っ張られるような痛み、両股関節に重い違和感を感じる。

まずはアイシングを、膝の炎症反応の抑制、筋肉の過度な緊張の緩和を目的として施し、特殊なローラーを用いて、膝関節内の潤滑の調整、緊張している筋肉の弛緩、不均衡な下半身のバランスを整えるように施術をした。

その後、運動を用いて、関節の潤滑・筋肉の張力を調節し、テーピングを施し、下半身のサポートをした。

正しい歩行方法、自宅でのケアの仕方を確認し施術を終了した。

治療後は痛みが軽減し、歩行も庇わずに歩けるようにはなった。

2回目の施術

まだ痛みは残るものの、炎症反応・腫れはかなり改善した。歩行も正しい歩き方を意識して歩いてみると、膝の痛みが軽減し、スムーズに歩くことができている。起き上がりもかなり楽になってきた。ただ、今までと違う歩き方のため、足全体の張りが強くなった感覚がある。継続して治療を行い、骨レベルで身体を変えることができる体操を指導し、自宅で実践してもらう。

6回目の治療

膝の痛みはほとんどなく、起き上がりもスムーズに行うことができている。正しい歩き方にも慣れてきたため、筋肉の張りも減少し、快適に生活を送れている。

現在

また症状が再発しないように、根本となる骨格の歪みを改善させながらメンテナンスを行っている。

患者様からのコメント

以前からも膝が痛くて、整形外科に通って水を抜いてもらっていたけど、治療を受けてからは、水がたまらなくなり、以前よりもスムーズに歩けるようになりました。今後は再発しないように歩き方や重心の掛け方を意識して、快適に日常生活を送れるようにしていきます!

変形性膝関節症について詳しくはこちら

変形性膝関節症

新発田名倉堂鍼灸接骨院

〒957-0061新潟県新発田市住吉町5丁目11-5 イオンモール新発田店 2階238